FC2ブログ

優游涵泳~ゆうゆうかんえい

ピアノ日記と英語多読と書評ブログ♪

Top page  1/19

<伝説>小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ:リスト

こんにちは。

忘れないうちにサクっとレッスン備忘録です。


今回のレッスンはリスト作曲 伝説1 小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコです。
伝説は2.波を渡るパオラの聖フランチェスコ
の2曲から成り立っています。
第2曲の方が演奏される機会は多いかなぁ?

ちょっと苦手なトレモロなど、演奏のコツを得たいという主に技術的な事からこの曲を選びました。

Preaching-to-the-Birds.jpg

ちなみに、パオラのフランチェスコさんはアッシジのフランチェスコさんの没後約200年後に生まれた人とのことで別人ですね。



ハイ。ではまず冒頭から、粒がそろいません!


2019-07-17


腕の回転を使って、右手から左手へ滑らかに受け渡す練習。
回数関係なく、徐々にクレッシェンドしてデクレシェンドする練習を奨められました。

重さをかけて大きくするとか、力を入れていって大きくするのではなく、腕の回転を少し大きくするような感じでクレシェンドするといい。
私はデクレシェンドは綺麗にできましたが、大きくしようとすると、力みやすくなる傾向。力むと崩れるよ。



じっとして指で弾こうとすると粒がそろいません。

そこから自然いトリルが入っていきますが、鍵盤上まで上がりきらないところで静かにトリル。こういう時アプライトじゃ正直厳しいですよね。どうやって練習してるのかな?

鳥の声が聴こえるように、かなり右手は押さえていく。ppp・・・・

3小節目の鳥さん、際立つように一瞬腕を入れる。

左のチロンッ

っても何気に難しいですよね・・・(-_-;)


最後の半音階的に進むところは、ただの音の羅列にならないように。


ちょっと場面変わりまして

ここの左手の〇のとこは、一つの動きで。 1個1個にならないように。
右手のチロっ が可愛いな~♡ トリルはかなり静かに弾かないとメロディーが際立ちません。

2019-07-17 1106



ここまでは、ひたすらトリルを静かに弾いておりましたが、少し右手のメロディーの盛り上げは左手のトリルで手伝っても良いでしょうと。
なるほど・・・・。

2019-07-17 3



ここは2音のスラーがかかってるやつ・・・
ちゃんと入れて抜く、基本の弾き方。
意外とトリルしながらだから出来てなかったです。

でもちゃんとするんですね・・・トホホ。


2019-07-17 4

ここ好きな所ですが、合唱のような柔らかい音で。
人の声のように温かく、角がない音。
先生の音色は、それはそれは天国のような響きでしたわ~うっとりなのです( ᵅั ᴈ ᵅั;)~♬

2019-07-17 5


あ、、、トリルの練習方法ですが、数を少なくして(半分とか)練習するとよいと教わりました。倍々にしていけば良いので。


この曲は全体に通して静かですよね。
この後少しだけ盛り上がりますが・・・。

心洗われるような曲で大好きです。


主に技術的な弾き方を教わりたかったので、今回色々とコツを教えていただいたので、

次回はこちらをちょこっと見ていただいて、できたらメンデルスゾーンの連弾がやばいのでレッスンをしていただこうかな。と思ってます。





そしてその次からはショパンのノクターンOP.62-1を見ていただく予定です。

ええ曲や~~~~。

ではでは。



リスト: 伝説/原典版/ムジカ・ブダペスト社/ピアノ・ソロ
スポンサーサイト

コンサート無事終了♪

こんにちは。

ご無沙汰しておりました。

先月は、コンサートに行ったりサークルに参加したりもしたのですが、気力がなくて日記が書けておりません。

また後追いでUPします~(たぶん)


先週、京都文化博物館別館ホールでのコンサートが無事終了致しました。



私はピアノソロ1曲演奏させていただきました。


IMG_7357.jpg


京都市文化博物館の別館は旧日本銀行京都出張所で、重要文化財です。

中も趣があって素敵です。
天井が高くて、よく響きます。

IMG_7469.jpg

ピアノあり、歌あり、ギターあり、室内楽ありで盛りだくさんのコンサートでした。

皆さま本当に上手・・・。
今回もピアノコンチェルトやトリオ、カルテット、ギターとヴァイオリンでピアソラとか。とにかくかっこよかったです!

ピアノはヤマハのフルコンで弾きやすかったのですが、この日雨で湿気がすごくて、なんだか手が鍵盤に貼り付きそうなくらいベタベタ・・・大丈夫か?ワタシ・・・。

結構直前は不安でしたが、お辞儀したらお友達の姿が目に飛び込んできて不安も吹っ飛びました^^


今回は、暗譜は諦めて、iPadで自動譜めくりで演奏。


大きな事故なく、小さな事故多々あり・・・みたいな演奏でしたが、比較的落ち着いて気持ちよく演奏できたので良かったです。

まだまだだなぁと思うことはいっぱいありますけどネ^^;




今回は友人知人の方たくさん来てくださったのですごく心強かったです。

心より感謝です。

一つ終わってほっ・・・。

さっそく新しい曲のレッスンに入りました♪

ではでは~

IMG_7488.jpg


↓自動譜めくりにして、3か所くらいは手で調整しました^^うまくいってよかった~。

IMG_7477.jpg


Curious George Takes a Job

CATEGORYYL1


Curious George Takes a Job


【YL:1.8 語数:1,376 ☆☆☆☆☆】

こんにちは。

めっちゃ久しぶりの英語多読です。

ちょっと停滞しておりましたので、今月から又少しずつ進めていきます。


おさるのジョージシリーズ。

動物園から抜け出したジョージが街へ出て、コックさんに器用さを見込まれてお友達の所で窓ふきのお仕事をすることに・・・。


第1作より絵が細かくて、めちゃくちゃ可愛いです。

私は、ゾウの耳の間で眠る絵が大好き。


字数も増えますが、とても読みやすい。

とにかく可愛いくてたまらない♡

お気に入りの1冊になりました。



現在 191冊 総語数 356,050語


増えてないぞ!

ドキドキしますねぇ

CATEGORY日常系
おはようございます。


最近はレギュラーワークも忙しくて、ゆっくりしている暇がなくですが、チャイコフスキーコンクールのファイナルも始まっており。。。

藤田真央くんの演奏もついに・・・。


というわけでドキドキしておりますが、中々全部の演奏も聴けておらず、今頃必死に聴いております。


それにしても良い世の中になりましたよね。


こちらで見れますよ→Tchaikovsky Competition - medici.tv

お~~~~~~っ。


今日は仕事そっちのけで、見てやる・・・(怒られるかな・・・)

↓日本語版のサイトあるよ↓

medici.TV


それにしても、真央くんは現地でも相当な人気があるようですよね。
お客さんの盛り上がりを感じます。

Firstの演奏も本当に落ち着いていて、んで、可愛くて・・・(←これは関係ないか)

作曲家によって、すごく音色が変わって素晴らしいなぁ。

セミファイナルはショパンしかゆっくり聴けてないので、これからじっくり聴きかえします。

他の方のもまだ少ししか聴けてなくて。ドミトリー・シシキンさんは聴いたゾ。迫力・・・。ショパンは聴かせてくれますねぇ、、、


応援してますっ


楽しみです!!!!



私の方は、先週末はピアノサークルに参加しまして、本番前のリハーサルっと、フォーレを弾きましたが、肝心のクライマックスでしくじりまして、ザンネン。。

ただ、冒頭少しインスピレーションを得て、ちょっとだけよくなったかもなところがあります。(1小節だけやけど。)


このまま突き進みます~。


そして、新しい曲も始めました♪

次回レッスンから新曲だ~。


ではでは~。





(ジャズピアノレッスン備忘録)STARDUST

こんにちは^^

ピアノレッスン備忘録が少し飛んでしまってますが、、、

今週はジャズピアノのレッスンでした♪

曲は、新しい曲にして STARDUST

ホーギー・カーマイケルの名曲♪

というわけでご本人の演奏



とっても美しい曲ですが、この調は苦手。
弾きにくいなぁ。

KeyがCの楽譜も結構ありますよね。
でも苦手なコードの克服のため、頑張ります。
↓冒頭部分・・・
スクリーンショット 20190619


最初のとこって、好きに弾いて、間にかっこいいフィルインとか入れたいところ・・・。

2小節目と4小節目あたり

ちょっと色々と考えてみる必要があります。


アドリブも難しぃ。

適当にメロディーフェイクくらいでお茶を濁そうか・・・苦笑

でもとってもきれいな曲だしお店でも弾けるようになりたいので、頑張ってみます♪


今週末は、ピアノと歌のレッスン。

それから、ピアノサークルにも参加予定です。

来月参加予定のコンサートのプログラムは明日発表されますが、私の出番がすっごく遅いみたい。

たぶん最後から2番目とか?!


長丁場なので疲れそうだけど、頑張ります。


ではでは~。

長富 彩ピアノリサイタル@神戸女学院小ホール

CATEGORYコンサート
こんにちは。

久しぶりの投稿になってしまいました。

先月末に長富彩さんのピアノリサイタルに行って参りました。

IMG_7066.jpg


生でお聴きするのは初めてでしたが、前回の2月のシンフォニーホールのリサイタルからもあまりあいておらず・・・(しかもその時は結構なお腹の大きさだったとか)
このリサイタルの前日はチャイコフスキーのコンチェルトを弾かれていて、何ともすごいです。
ご出産からも日が浅く、気力体力ともにスーパーウーマンだ・・・。尊敬。



プログラムはこちら。

こちらのホールは小規模ながらぐるりとステージを囲い込むようなつくりで素敵です。


20190530.png



IMG_7053.jpg



ボーっと待ってたら向かい側にお友達を発見して驚きました。

しばらくしたらお互いに気づいて手を振りあったり。。。(笑)

長富さんは小柄で手も小さいと思うのですが、鍵盤に吸い付くようなタッチで、柔らかく真珠のような音でした♪


無駄な動きが全くなくて、小柄だからこそかな、本当に鍵盤上をこれ以上ないくらいの最短距離で動いてました。

すっご~。

私はショパンのバラード3番が特に素敵な演奏だなぁと思いました。

上品なf。

こんな風に上品なショパンが弾けたらいいなぁ。

時代が徐々に新しくなっていくプログラムでしたが、最後のラ・ヴァルスだけは、控えめで真珠のような響きから一転して、ダイヤモンドのように輝きのある音を出されていました。

圧巻~!!!!



長富さんはサービス精神旺盛で、リサイタル後にサイン会、その後お写真タイムもとってくださり、厚かましくも一緒にお写真を撮っていただきました♡


近くで見ると、更に可愛い♡

そして、ほんとに小柄な方でした^^


秋に三浦一馬さんとのデュオリサイタルもされます~。

今月はプレトニョフのリサイタルもあるし、来月もめっちゃ楽しみなリサイタルに行く予定。

そして、着々と秋のチケットも購入しつつあります。


気が遠くなるほど先ですが、来年の2月のミッシェル・ダルベルトとかもとりました(笑)

う~ん、たのしみだ~っ

ではでは。

The Mystery of Allegra

CATEGORYYL2

The Mystery of Allegra Level 2 Oxford Bookworms Library (English Edition)

【YL:2.4 語数:6115 ☆☆☆☆】

こんにちは。

今月は、、、英語多読をさぼっております。

ちょっと気になる本が多すぎて、ふつう~~の読書月間になってしまってるのです。

ちょっとさぼると何か読むペースも落ちるような・・・。

Oxford Bookwormsのレベル2なのでとても読みやすかったです。


またしても何の話か全然分からないままに読み始めましたが、なんと 少女のゴーストものでした。

不思議な展開をみせる中々に惹きつけられるストーリーでしたのでおススメです。

終わり方も良いので読後感よし。

色々と今年の計画・・来年の計画・・・近い将来の計画・・・


などなど考えるとやっぱり語学必修かとは思いつつ、全然進みません。


↑やる気の問題(((( ;゚д゚)))


なので、引き続き多読を細々と続ける日々が当分続きそうです。

現在 185冊  347,371語

増えてないわね・・・


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

(ピアノレッスン備忘録)フォーレ ノクターンNo.6

こんにちは。

先週はピアノと声楽のレッスンでした。



さて、フォーレの第6番、全然進まないヽ(´Д`;≡;´Д`)丿


細かいパーツパーツにとらわれ過ぎて、細かいパーツを組み合わせていって、つなげたらこうなりました的な演奏になってると。


全体を大きく捉える力のなさとか感じました。


そして、もう少しシンプルに。シンプルという言葉はちょっと違うかもしれないんだけれど、何だろう。


端正さがなくて、くちゃくちゃになってきました(苦笑)

つまりこの曲の良さが出てない。あははは・・・


先生とYOUTUBEで演奏を一緒に聴いたりして、考えてみました。


私は、フランソワが大好きなので、よく聴くのですが、ケンプや、ハイドシェック、 ミッシェル・ダルベルトとか。


色々とタイプが違うのですが、やっぱりピアニストの出す音というのは、素晴らしいですね。

特に何度も聴きなおしたのがハイドシェックの演奏ですが、一見何もしていないかのようにテンポもほとんど揺れず、淡々と進んでいくのに、1つ1つの音がすごく変化していますし、ペダリングも絶妙・・・。内声も美しい・・・。

息の長いフレーズ感もすごいですが、全部聴き終わったときに、

あぁ、こういうことかみたいな納得感。

とても知的で素晴らしい演奏でした。


全て見通しているから、ここはこの音なのだ!みたいな確信が私にはまるでないなぁとか感じました。


まとまらない。

一旦ルバートもぐちゃぐちゃになってきているので、まったく揺らさず弾いてみて、ここはテンポではいけないという所のみ・・・・

と余計なものをそぎ落とす練習をしてみます。


それと、決定的にまずかったペダリング。


かなり微妙なペダリングが必要なので

もっと手前を浅く踏むと良いとアドバイスいただきました。



中間部も浅く踏んでるつもりやったけど、、、、


全然私のは浅くなかった(笑)



中間部、綺麗に弾けるようになりたいな。

指ペダルと混ぜながら、、、とか昨日色々と音色を試しながら練習してみました。

20190528


自分なりに、この部分はこういう気持ち、こういうストーリーとかって考えるのも曲をまとめて行きたい時によくやります。

ラヴェルの蛾とかは映像化しやすかったですが。


暗さの中に明るさや輝きがあったり、明るさや温かさの中に暗さや切なさがあったり・・・?


あまり感情的になりすぎないように、前のめり体勢で弾かないように気を付けようとか思いました。

仕上がっていくのか不安。

そろそろ新しい曲を。とも言われましたが、何しよう?

リストの気分じゃなくなってきてしまったし、

ベートーベンも勉強したいけど、ノクターンつながりでショパンに取り組んでみようかなと気持ちが傾いてます。


ではでは~。





ピアノサークル 弾きあい会@プチエル

こんにちは。

先日は、天満橋のプチエルにて弾き合い会に参加させていただきました。

当日も朝から1件お仕事で、だいぶ遅刻してしまい、あまり沢山他の人の演奏が聴けなかったのは残念でしたが、素敵なゲスト演奏も聴けたし、お友達ともお話できたし、良かったです♡


img_0.jpg


ここ2か月ほど頑張っているフォーレのノクターン。

先日読みました、いい緊張は能力を2倍にするの内容を実践するぞ!

というわけで、出番の前には脈拍90近くなりドキドキしてきましたが、


「いい感じ!この緊張は私のパフォーマンスを上げる。
集中力も上がる。
大丈夫。良い緊張だぞ」

と言い聞かせ(笑)

何となく弾き始める前のルーティンも決めておいた方がいいなとイメトレしつつ(まだ決まり切ってないんですけど・・・)


弾きはじめ、結構集中して弾けました^^

途中、難しくなってきて、弾き間違いとかしだすと、焦って慌てちゃったり。

気持ちより手が先にいってしまって、身体と心がばらばらになったりもしましたが、呼吸に注意して、

そこそこ落ち着きも取り戻せる自分がいることを発見できました♪


緊張のコントロールの練習を本番までに積み上げておきたい。


でも、私、、、視奏の時はあまり緊張しないんですよね。

暗譜の時と緊張度合いが全然違う。


目の前に楽譜があると、要らないことを考えず目の前にある曲に集中しやすいのですが、

暗譜になった途端、

「次は何だっけ?」

と、暗譜飛びへの不安感が湧きあがってくる。  (→本によると、ノルアドレナリンが出てるよね。。アドレナリンも放出しまくり状態になります・・・。)

視界に入ってきたものにふと考えが巡って、集中が途切れたりしがち。

お友達の顏が視界に入ってきたりもするし・・・。


本に、感謝の気持ちを持つ良いとあったので、その通りにしてみましたが、随分と平静を取り戻せましたよ。


ほんとおすすめの本なので、ぜひ緊張して頭真っ白になる人はトライしてみてください♪♪♪


仕上がり具合としてはまだまだですが、録音を聴きながら、直したいところとか、自分が感じた事とかを書き入れたりして、整理しました。

今週もレッスン。


今週は歌もピアノも。

またまたハードな週末です。

日曜日は大人のピアノフェスティバルが大阪音大でありますが、、、、出たかった。

お友達もたくさん出られるので聴きに行きたかったのですが、日曜は朝からぎっしりお仕事で断念。


今日は夜もお仕事入れちゃったので、朝練を少しだけしました。


もう少し早起きを習慣づけないとだめですねぇ。


ではでは~




↓あとから、こちらも読んでみましたが、↑よりさらに脳内物質についての説明が詳しくなっていて、より理解が深まりました。
先に↑を読まれる方がおススメです☆

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法

森と緑の第九コンサートとフェルメール展

CATEGORYコンサート
こんにちは。

随分と更新をさぼっておりました・・・^^;

毎日毎日、何か怒涛の如く流れて行く中、

あぁ、、ぼ~っとする時間って必要なのね。。。

などと痛感しておりますので、今日の午後は束の間ぼーっとしておりました。


あ、、でも、仕事中たいていぼーっとしてるか(笑)


随分前になってしまいましたが、森と緑の第九コンサートに出演者のお友達が招待くださり行ってまいりました。
知人もたくさん出演されてまして、指揮者が先輩ということもありとても楽しい時間を過ごさせて頂き感謝です。

1万人の第九の同クラスで練習された方たちの集まりということで、団結力があり、何より歌が好き、音楽が好きという気持ち溢れる演奏が心に響きましたよ♡

合唱っていいな。

先輩との再会もとても嬉しかったです。

60091216_820938034928148_4849448686310129664_n.jpg



それと、この日はフェルメール展の最終日だったので行ってみました。

案の定、ものっすごい人でしたが。

何とかスキマからの鑑賞(苦笑)

やっぱり人ごみは嫌い。

絵画は素晴らしいが、・・・。

ゆっくり見られる人が羨ましい。





IMG_6996.jpg



夜は一緒にいったお友達とゆっくり食事して、たくさんおしゃべりして過ごしました♪
ここは、鴨肉が美味しくてお気に入りです。(左下。とっても厚切りで食べごたえあります♡)

ではでは~。


24F5D1C4-5805-4F58-8308-F8324E6C6BB1.jpg

そういえば、こんな映画を見ましたよ。
中々すばらしい映画でした。