FC2ブログ

ピアノの練習記録に使っているアプリ

おはようございます♪

昨日は久しぶりにスタインウェイを借りて少し練習しました。


ホールで弾いたり、良いピアノを借りて練習したりという時間は家で電子ピアノをガラガラ何時間も弾いているより、この1回でよほどの練習効果があがるなぁと実感します。



さて、練習の記録ってつけておられますか?


私は、Studyplus(スタディプラス)
というサイトを使って記録をしています。

アプリもあるので普段はスマホで記録しています。

アカウントを作成しないといけませんが、勉強を記録するボタンから 教材を選んで、勉強時間や、勉強したページ数などを登録でき、コメントも残せます。

記録するとタイムラインに表示され、日・週・月で勉強時間をグラフ表示してくれて一目瞭然。

Web版の画面がこんな感じです。

スマホ版でも同じような感じです♪
カテゴリー毎に表示したり、教材を選んで表示したりもできます。便利!


studyplus1.png



studyplus2.png


記録も簡単だし、本棚の編集から新しい教材を追加するのも簡単です。

カテゴリー分けもできるので、普通に勉強の記録とか、ピアノとか声楽とか分けて登録しています。


記録するときは、教材を選んで、時間を登録するだけ。過去の日の記録もできます。(ページ数でも登録できる)
studyplus3.png


教材は、本棚から簡単に追加したり、編集したりできます。

検索窓に本の題を入れると、ヒットするのでぽちっと簡単に追加できますし、自分で題つけてオリジナルな教材を登録することもできます。(私はその他の曲ボタンとか作っています。オリジナルのアイコンも作れるよ♪)

↓こんな感じでピアノは楽譜を追加しています。

studyplus4.png



以前は、ただ、ピアノとか声楽という教材を作って記録していたのですが、どんな曲を練習していたのか後で振り返れるので、最近は楽譜を登録するようになりました。


このアプリを使い始めたのは、もともと不動産関係の資格勉強のためだったのですが、いつの間にやらピアノの練習記録アプリ化してしまいました・・・・。



他にも運動の記録とか、習い事の記録とか、読書記録とか色々使えると思います。

カテゴリー毎にグラフ表示したりもできますし、他にも機能が色々あるので使い方は工夫次第かな。よくできてますよねぇ。


週間目標を設定すると達成度が出ますし、イベントを登録すれば、カウントダウンもしてくれて、モチベーションアップにつながります。

他にもSNS連携や同じ勉強をしている仲間をフォローして、いいねやコメントなどを残すこともできます^^


それにしても今週は練習時間が少ないですな・・・・



ではでは~。


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

サークルの発表会と弾きあい会

こんにちは♪

先週末はサークルの発表会と弾きあい会に参加しました。

またまた2連ちゃん。

お仕事忙しい時期に本当にすみません・・・。ピアノと戯れてました。


神戸のスタインウェイのホールで2台ピアノとソロを弾かせていただきました。


IMG_5294.jpg

結構2台ピアノがぎりぎりの会場です・・・客席もめっちゃ近いです。

ピアノはすごく弾きやすいですネ。

アンサンブルはほんと楽しくって、練習不足で全然弾けてなかったんですけど、めちゃくちゃ楽しかったです♡

先日パーティードレス 通販 R BERRYさんで半額やったドレス。
こんな感じでした。遠目にはまぁまぁですかね?!
お安いので生地も薄いですが・・・。背中のゴム部分が私には若干ゆるい感じで(なんせ薄型貧弱なもんで・・・)舞台でドレス直すなと相方さんに注意されちゃいましたけど、ちょっと背中が気になっちゃって(-_-;)

あと、前面のプリーツ部分がちょっと左側だけ浮き気味で、両面テープで固定すればよかったかなぁ。

やっぱりコンクールは違うの着ようかしら・・・と今更また悩む。


IMG_5292.jpg


翌日は、四条大宮の十字屋さんのほホールにて弾きあい会。

ここでも、モーツァルトの2台ピアノ演奏させていただきました。

小さいピアノですが、奥がベーゼンドルファー、手前がスタインウェイです♪

どっちも弾きました。弾き比べ~♪

2日続きでしたが、ピアノが変わると随分印象が変わりますね。

IMG_5282.jpg


終了後、皆でお茶してピアノ話に盛り上がり楽しい一日となりました。

次は12月にびわこホールと宝塚ベガホールで発表会があります。

その次は2月に学校の発表会かな。
これが一番緊張する・・・・・・。

3月はリレコンに出たい!!!

曲決めなくちゃ。


ではでは、今日も頑張ります。


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

イリーナ・メジューエワさんコンサート@京都コンサートホール

get-resimg.jpg


こんにちは。

先週はイリーナ・メジューエワさんのコンサートに行ってまいりました♡


毎年京都でコンサートを開かれていて、京都市民としては大変な幸せです♪

今年は、モーツァルトのソナタから始まり、同時代に生きた、メンデルスゾーン・リスト・ショパンというプログラム。3人は1歳違いですね。

第1楽章アダージョ メジューエワさんの豊かな響きのピアノから始まって、2楽章のメヌエット 3楽章のアレグロへと軽快に快速になっていきました。

ヴィンテージのスタインウェイ、ほんとよく鳴りますね。

メジューエワさんの音は本当に豊かな音だなぁ・・・。


このところやっとメンデルスゾーンの良さが分かりつつある私(苦笑)

結構な食わず嫌いです。


ロンド・カプリチオーソはメンデエッセンスがぎゅぎゅっと詰まった作品で人気がありますが、今回の演奏で、こんなに良い曲だったのかとやっと理解した感じです(笑)

楽しいですね。でもすごい難しい・・・完璧な技術で切れ味抜群なスタッカートでしたっ。。


前半の最後を締めくくるのはリストの、ダンテを読んで。



物語が目に浮かんでくる。まさに文学と音楽の融合・・・それをこんなに説得力をもって再現できる演奏ってすごいなぁ。

大曲ですが、長さを感じさせない、まったく飽きさせない。


この曲の冒頭なんとも言えませんよね。悪魔的で地獄のような音。

リストはこれからたくさん勉強してみたいです。



後半はショパンの前奏曲の全曲演奏。


調性の特性を多彩に使いこなし、様々な試みも駆使しながら、でも純粋に音楽が素晴らしい。


こうやって全曲を通して聴くと、そこにある宇宙全体でひとつなんだなぁとか改めて思いました。


充実した素晴らしいコンサートでした。


アンコールは 
ショパンのマズルカ
リストの愛の夢
メンデルスゾーンの 無言歌

ときて、最後にドビュシーの月の光で締めくくられました。


このプログラムだとアンコールはやっぱりドビュッシーがくるのかなって思ってのですが・・・・最後にきたんですねぇ♪


また来年の演奏会も楽しみです♪

このコンサート行きましたよ~。。




この本とっても良かったです♪
ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ (講談社現代新書)

ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ (講談社現代新書)

  • 作者:イリーナ・メジューエワ
  • 出版社:講談社
  • 発売日: 2017-09-20



正しい楽譜の読み方 -バッハからシューベルトまで- 〜ウィーン音楽大学インゴマー・ライナー教授の講義ノート/大島 富士子


正しい楽譜の読み方 バッハからシューベルトまで [ 大島富士子 ]


ちょっと久しぶりになりましたが、書籍レビューです。

ウィーン音楽大学教授インゴマー・ライナー氏の講義「歴史的演奏法」をベースに「テンポ」「舞曲」「装飾音符」の観点から楽譜の読み方を解説します。誰でもいつでも簡単に利用でき、自力読譜への助けとなる「目からウロコ」のハンドブックです! 日本図書館協会選定図書に選ばれました!





わりと薄い本ですが、特にバロック時代の楽譜の読み方について参考になります。基本的で大切なことが述べられております。

私にはテンポについての章が少し難しかったです。


アーティキュレーションについて非常に勉強になりました。

バッハ結局どう弾くのがよいのか全然分からずで、さまよっていたので・・・。


楽譜の選び方についても参考になります。


実用版の楽譜は必ず原典版も用意して使用すべきというのは分かりますが、実際自分で正しく楽譜を読む力がなければ、いくら見比べてたところでどこがどうっていまいち分からず、明確な根拠のないままに校訂版の弾き方を安易に選んで弾いてました。

バッハって巨大すぎて難解だし、とっつきにくいし・・・・(-_-;)

でも勉強したい。

薄いですがとても役に立つ内容の本だと思いますのでおすすめです。


というか、また読み返してみないといけないなぁ。



ではでは。




カフェ モンタージュのコンサート

おはようございます。

昨日は声楽のレッスンが急にお休みになったので、スタジオに行こうかと思いつつ・・・今週はさすがにハードで疲れてしまったので、家でまったりすることにしました。

まったりしている余裕はないんですが・・・。

週末は2台ピアノで、ホルストの惑星から「火星」
モーツァルトの2台のピアノのためのソナタから第1楽章。
ラフマニノフの組曲第1番の第2曲「夜と愛と」

3曲弾きます。



モーツァルトは合わせていてとても楽しいので、第3楽章を12月にやりたいねぇってこないだ決まりました!
(やっと曲決めた)

ラフマニノフは8月に弾いたのでまぁ、何となく大丈夫かなとか、、ちょっと忘れかけてるけど?!


さてさて、先月のことですが、京都の御所南、夷川通り柳馬場の角っこにあるカフェ モンタージュさんにコンサートを聴きに行きました。

こちらのカフェでは毎月たくさんのコンサートを夜20時から1時間ほどされていて、ちょこちょこお邪魔してます。
好きな演奏家の方もよく来られるので♡

先月は 松本和将先生のピアノコンサートと、ヴァイオリニスト漆原啓子さんとヤコブ・ロイシュナーさんのヴァイオリン・ソナタを聴きに行くことができました♡

181015.jpg

松本先生はペダリングセミナーに以前参加したことがあり、大変勉強になりました。全国各地でセミナーも開かれています。
幻想曲はモーツァルトとシューマン。どちらも大曲で、1時間強、とても濃い時間となりました。
モーツァルトやっぱり難しいなぁ。いつか挑戦してみたい。

181024.jpg

バイオリンソナタは

ベートーヴェン: ヴァイオリンソナタ第1番 ニ長調Op12-1
シューベルト:ヴァイオリンソナタ イ短調D385
メンデルスゾーン:ヴァイオリンソナタ ヘ短調Op.4


でした。

中でもメンデルスゾーンは本当に聴きほれました♡
素敵な曲なんですよね。
本当にこんなに近くで演奏聴けて幸せ♪

ロイシュナーさんのピアノの音もとっても素晴らしくて。

ここのスタインウェイ1905年製っておっしゃってたと思うのですが。





脚がまた素敵なんですよ^^
来月もドビュッシー聴きに行けたらいいなぁ・・。

コンサートはこんな感じで椅子を並べて。
弦楽の時は、並び方が変わりぐるりと演奏者を囲むような配置になったりします。

IMG_4987.jpg


カフェなので、外の車の音が聞こえてきたりもしますけど、こんなに至近距離で素晴らしい演奏家の方がたくさんお見えになるので、素敵なカフェを京都に作ってくださったことに感謝感謝なのです。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪
Cafe Montage
カフェ・モンタージュ - 京都の街中の小さな劇場







ドレス 半額セール

お気に入りのドレスショップ パーティードレス 通販 R BERRYさん お買いものマラソン中にて半額になってるものが数多くあります~♪

やっぱり先月買ったドレスの色違い買おうかな。。

でも他にも気になるものが数点・・・。


↓¥3483







↓¥4050  これ可愛い~♡



¥2160 安い・・・売りきれるか・・・



¥3499 



¥2160



¥3888


悩む・・・。

物欲が最近すごいな・・・何かの反動か?

ちなみに、ドレスの羽織りにめっちゃ便利なボレロ。
こちらのシャンパンベージュは何色のドレスでも合わせやすくて重宝してます。
上品だし、演奏の時も邪魔にならなくて気に入ってます♡
家で洗濯できます♪


さて、今日は実家に帰って練習頑張ります♪


ピアノレッスン備忘録 赤いカーネーション

ちょっと久しぶりになりました。

先々週はピアノのレッスンで大学に行きました。

コンクール予選がついに来週まで迫ってきましたが、、、全然練習できてません。


というか昨日はのんびり女子旅なんぞに行っておりました・・・(’ω’*)アハ♪


レッスンはコンクールの曲をとりあえずみていただきました。


細々した音を出し過ぎていて、なんだかガチャガチャしています。

メロディーの音でニュアンスをつけるように。細かい音全部でクレッシェンド・デクレッシェンドしようとするからごちゃごちゃする・・・。


カーネーション



それと、全体の構成がもっとよくわかるように、大きくとらえた流れをよく頭で整理して。

前半どこが一番中心にもっていくのか、そこから逆算して。


出したい音はもっと浮き立たせないといけないなと思い、家に帰って復習。

背景の音がうるさすぎるんだなぁ。

それと、クレッシェンドですが、この曲の場合は、緊張が高まっていくんじゃなくて、広く豊かになっていくようなイメージなので、身体は弛緩していく方向なんだなぁと分かりました・・・。やっと・・・・。

なんか、クレッシェンドしていくにつれて緊張が高まって、身体も固くなってました。



中間部は小指にメロディーが来るので、小指全体に重みがかかっているような弾き方で、レガートに。

前半と随分違ったタッチで弾くんだなと思いました。

フレーズが4小節単位なのに、1小節ずつ細々しがちなので要注意。

カーネション2

最後戻ってきてからですが、このアルペッジョはナードル先生から速く弾いてはいけないと言われたところです。
今回はこの部分だけ、音色をガラリと変えると良いとアドバイスいただきました。
そしてトップの音はかすれないように!
響かせるのにほぼスタッカート気味でもよい。

カーネーション3



そして、ここのfからは、あたたかい音で。

ガツガツしたfにならないように、1小節全体で腕に重みをかけていくイメージで弾くと流れもでてくる。

カーネーション4




今回のレッスンでは、f(フォルテ)の出し方の勉強をたくさんしました。
まだうまくいきませんが・・・。


流れの中で腕の重みを使いながら弾く。

よくよく練習したいです^^


今週は歌とピアノのレッスンがあり、週末は2連ちゃんでサークル弾きあい会と発表会です。

2台ピアノあり、ソロありで練習がきつきつです。


がんばります。

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村



ドレスのインナー おすすめ

こんにちは。


来月から、発表会、コンクール、発表会、発表会・・・と年末まで続いています。


舞台袖で、心臓バクバクしながら待つとき、どうして申し込んじゃったんだろう・・・


とか思ったりするわけですが。

でも目標があると頑張れます^^


そして、ドレスを着るのは、楽しみなことです。


さて、ドレスのインナーって、ちょっと悩みませんか?


これまで、ほんと色々試してみたのですが、ヌーブラ的なもの意外、チューブブラも、ストラップレスブラも、とにかくズレルる・・・。


これでは、演奏に集中できません。。。

薄っぺらい胸なので、もう内心諦めてたんですが、この度ついに、ずれないストラップレスブラを発見しました!


京都発インナーショップ白鳩さんのストラップレスブラ♡





普段のサイズで購入しましたが、私はちょうど良かったです。

肩ひもないのに、日中ずっと使っていて全然ずれなかったのは、これが初めて。安定感がいい!



ちょっとした感動です~。


しかも、お値段安いんです。

人によってはカップがちょっと小さ目なのかもしれませんが。大きいサイズもあります。


こちらのショップの、




も持っているのですが、こちらも普通のチューブブラよりはかなりずれにくかったのでおススメです。

胸元から見えても安心だし、ワイヤー入りで安定感あって、ボリュームもアップできます。

ドレスのデザインによっては、これも使えるなぁと思います♪


それから、ヌーブラ系・・・。
シリコンブラも色々と買ったことがありますが、粘着力と綺麗に盛れるので、これがお気に入りです。

厚さは3cm、2cmがありました。

盛りたい時はやっぱりこれですねぇ(笑)




ではでは~





ヴァレリー・アファナシエフ ピアノリサイタル@シンフォニーホール

IMG_5001.jpg

こんにちは。
10月は3つのコンサートに行くことができました。

少し前になってしまいましたが、10/8はシンフォニーホールでアファナシエフさんのピアノコンサートに行きました。


IMG_5002.jpg



アルバムでは聴いていたものの、やっぱり生が聴きたい!

悲愴から始まったのですが、随分と足腰が弱ってきておられるようで、危なっかしい足取りでピアノまで歩いておられました。

少しミスタッチが目立って心配になりましたけど、後半になるほど、素晴らしかったとおもいます。

特にテンペストが私は好きでした。




存在感、深み。
すごく引き込まれます。

アンコールがショパンのマズルカ第45番イ短調Op.67-4だったのですが、なんとも独特のあぁ、アファナシエフの演奏だ!!!

っていう歌い回しで、すごく良かったです。


コンサートって、曲が終わったときに、素晴らしくて思わずため息・・・

「はぁ・・・・」


とか、

「ほぉ・・・・・」

ってことはあるのですが、アファナシエフさんの演奏には観客から、どっちかっていうと、

「う~~~~っ」


って感じの声が、漏れるって感じです。




私はアファナシエフさんのアルバム全て聴いたわけではありませんが、ベートーベン最後の3つの作品のライブ録音は本当に素晴らしいと思います。





もう、、、魂にズドーンときます。

そして天国が見えそうです(笑)



あと、このコンサートに触発されて、マズルカのアルバムを購入しました。



これでもかってくらい短調の曲で埋め尽くされてます。





外せない有名な演奏はコチラですね。




少々身体が心配でしたが、また演奏が聴けるといいです。


↓ベートーベン後期作品はYOUTUBEで聴けるんですけど

ジョルジュ・ナードル先生のレッスン

すこしご無沙汰いたしました。

最近ばたばた忙しい。

先月ピアノの先生から、リスト音楽院の名誉教授ジョルジュ・ナードル先生が来日して先生宅でレッスンしてくださるので受けてみられますか?と言って頂けて、ぜひお願いしますと勢いでお答えしたものの、内心ほんとドキドキしておりました。


先週末にそのレッスンの日がついにやって参りました^^


ドラ・ペヤチェヴィッチの花の一生から2曲と、ラヴェルの鏡から蛾を見ていただきました。

ドラの曲は初めて聴くけど、ロマンスという部類で、ドビュッシーの影響なども感じる、とても素敵な曲ですねと先生にも気に入っていただけたようで良かったです。


レッスンでは、ルバートのことと、ペダリングをたくさん教えていただけました。

今まで試みたことのないことでしたが、少し強調したい音のところで、ペダルを使ってスタッカートで弾くということを取り入れることを教えていただきました。

ルバートは自分の中でしっくりくるにはまだ程遠いというか・・・。

前へ進めるところと落ち着かせるところ。

先生が横で歌いながら一緒に弾いてくださるのを聴きながら、感覚をつかみたい一心で頑張りましたが・・・。





左手の指使いがおかしかったところご指摘があり、直したらだいぶ弾きやすくなりました。


赤いカーネーションのアッポジャトゥーラのところのアーティキュレーション先生の歌い方で変だったことに気づきました!

全体を通して、もう少し出したい音がきちんと聴こえてくるように。


ラヴェルは曲も複雑な分、難しかった!

ペダルをどこまで残すのか?濁らないように踏みかえればいいってもんじゃないんですね(-_-;)


音が沢山あっても1つのハーモニーの所は踏みかえない方が良い。

どこまで混ぜるか自分では判断が難しいですが、先生に言われてやってみると踏みかえない方が良い箇所がたくさんあることに気づかされました。


いつも言われてましたが、右手シンコペーションの音を少し出すと同時に左は拍のところの音少し意識的に出していくと、全体の拍感が出てよい。

出すべき音が埋もれていて全然聴こえない・・・・。
蛾





このスタッカートはペダルをかけて響かせて。


メロディーと内声、内声がうるさくならないように。

蛾2



アクセント位置のずれを感じて。左のアクセントちゃんとつけましょう。ペダルあまり踏みかえない方がよい。

蛾3


ペダルの使い方が下手くそで。
ペダルがかかるより先に手をあげてしまうのが何ともいかんなぁと思いました。

特にスタッカートの所、ペダルと手をあげるタイミングがむずかしくて中々上手く出来ませんでした。


最後の所、指をあまり上げずに。鍵盤のそばから。手の中で弾いていくような感じ?

蛾4





よくよく復習したい。



私のような素人の下手くそピアノをレッスンしていただいて申し訳ないような気がするのですが、本当に沢山教えていただきましてすごく貴重な時間となりました。


また宝物が増えた♡

ちょっとずつ、引出しが増えていく。

少しずつ知識が増え、技術が増えていく。

大人になってからこんなに楽しくピアノが習えて本当に幸せです。


今日は漆原啓子さんのコンサートに行きます♪

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村


プロフィール

さっちん

Author:さっちん
10年ほどブランクを経て40歳からピアノを再スタート。
ピアノ練習記録や関連書籍の書評や趣味その他もろもろの日記です。

カテゴリ
DVD (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
adv.
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR