FC2ブログ

優游涵泳~ゆうゆうかんえい

ピアノ日記と英語多読と書評ブログ♪

Top page  1/20

(JAZZピアノレッスン備忘録)COME RAIN OR COME SHINE

こんにちは♪

ジャズピアノのレッスン備忘録ちょっと久しぶりです・・・。

新しい曲でCOME RAIN OR COME SHINE

ウィントン・ケリーの演奏♡




ちょっとブルージーでファンキーでカッコいい。

どっちかというと、こっち系苦手なので、先生にしばらくやってみたらいいと言われました。


「降ってもが晴れても」


なんて、題名も素敵だし、ぴったりの曲調。

一応FのKeyですが、ころころと転調して、私の楽譜では最後はDmで終わってる。
不思議な曲ですが、よく出来てる素晴らしい曲ですネ。

ウィントンケリーはD7で終わってて、すごいかっこいいよね!真似しよう~

AメロからBメロでFmのKeyになって、A’でまたFKeyに戻ったとおもったらDのKeyに行ったと思ったらまたFへ戻る・・・みたいな


目まぐるしくって・・・。

A’のここのアドリブが結構ポイントというか難しいなと思いました。

先生はよりBm E7のところはB7 次のEm A7の2小節をA7にしてよりブルージーに弾いてらっしゃいました。

ComeRain.png


アドリブはそんなに変じゃないけど、やっぱり弾き方がーーーー( ;∀;)

ノリいうかなんというか。言葉では言えませんが。

使う音とか弾き方とか、並行して少しずつ成長していけばいいなと思います。ボチボチいきますわ~。

相変わらず全然練習時間がなくて。


いや、時間がないなんて言い訳ですけどぉ。



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



ピアノサークルにて

こんにちは。

毎日大したこともできないままに過ぎていってます。


8月の月末にピアノサークルに参加しました。

69284910_2117528465019410_5778780477024370688_n.jpg

よく使われる会場で結構慣れたスタインウェイ。

弾きやすいです^^

視奏だし、会場も何度も来ていることもあって、緊張することはないものの・・・


人前で演奏するというのはやっぱり難しい。

でも、それ以前にまだ全然仕上がりに近くもないノクターンを持ってったので、まぁいまいちですけど苦笑。


少しでも遠くの音を聴くように意識して弾いてみました。

さらっと弾きすぎてて、全然重みがないんですけど。



終わってから、この日はものすごく久しぶりにお会いできた方がいて、うれしかったので、皆さんでお茶して帰りました♡


IMG_7852.jpg


サークルに参加されてる方たちって学生さんとかもいらっしゃいますが、殆どが普通に仕事してる社会人。

どうやって練習時間を捻出しているのか?

皆さんほんと上手(^^♪

こうやって刺激を受けて、やる気満々で帰途につくのに、ま~練習しないこと。


ダラダラしてるうちにもうこんな日になってしまいました。

あと10日ほどでサークルの発表会なのに?!

深刻にヤバイ状況です。。。


実は昨日はその連弾の合わせ練習の日だったのですが、2人で落ち込みましたわ。


史上最大に下手くそなまま人前で演奏することになりそう。

実質的に練習できる日が後何日残されてるのか・・・


カレンダーを眺めると壊滅的な状況に啞然蒼然愕然。

逃避したくなってきましたわ~

(ピアノレッスン備忘録)ショパン/ノクターン 第17番 Op.62-1

こんにちは。

最近 ショパンの2つのノクターン Op.62 を練習しています。
前回のレッスンでOp62-1を見ていただきました。

次回も引き続きで、次々回は62-2 も見て頂けるといいなと企んでおります。


今までレッスンでショパンのノクターンって5番くらいしかちゃんと見てもらったことがないです。

何となく苦手意識がありまして・・・(;'∀')

でも、このOp62はノクターンの中では好きな曲の上位に入ってくる曲なので、いい加減勉強してみようと思い立ちました!

やっぱこの時期になってくると深みがありますよねぇ。


さて、悩ましきことの一つがルバートなのですが、先生から中心となる音だけをぬきだして弾いてみるとよいと教わりました。

ノクターンOp62


抜き出して音の流れを拾っていくと、順番に下降してきただけ・・・。みたいな?


なんて、単純な音楽なのか。


このシンプルな音を、こうも美しい曲にしてしまえるなんて!

天才だ~。ウルウル。


曲をABCDと分けると、レッスンはAの部分だけで時間切れになってしまいましたけど、多声部で動きも複雑に絡み合っているので、まずはシンプルな形に分解して、音も減らしてしまって、それから徐々にその流れを崩さず肉付けしていくような練習がとても良いと教わりました。

複雑なものは一気に練習しようとしないのがいいですね!

全部一気に弾いてみて、何となく雰囲気でルバートかけたりして練習してたら、いつの間にやら、ルバート天国で収集つかないわ、みたいな状態にもなりがち。。。

勝手な手癖とかでテンポが揺れることもあるし。

装飾的なものも全部いったん取り払っちゃえば、どこはルバートが多少かかるとか、ここはかからないとかも客観的につかめるようになってきます。


歌いながら練習する。

こういうとこで変な強弱にならないようにするには、
レミレドレファーミレー

と歌わずに 
レーファーミレー

と歌いながら弾く方がうまくいくよ^^

ノクターン17


左手は和音で弾いたと仮定した時のそれぞれの音量を再現する感じで練習。


私の課題として、ペダリングはやっぱりまだまだ苦手~。

前の和音の濁りを引きずってしまうので、もっと注意深く踏み変えないとなぁと思いました。


Cの箇所のトリルは、前回のリストのレッスン(小鳥に説教)でのトリルの弾き方で習ったことを思い出しながら練習していったら、結構うまいことできてるのでと言ってくださいました。良かった!ほっ

引き続き練習します。

ちなみに、トリルの数をすっごく減らして、メロディーラインをちゃんと流れで弾けるようにする練習もたくさんしました。

ノクターン17D

シンプルにして、弾きたいニュアンスを出せるように練習してから、徐々に増やしていく練習。

ちょっとの回り道が結局一番無駄がないのだなと思ってます^^

練習は最初から欲張らないのだ☆彡


ではでは~


にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村

ショパニスト関西10周年記念コンサート

CATEGORYコンサート
こんにちは。

先週末はお友達が出演されてたので、ショパニスト関西さんの10周年記念コンサートを聴きに行きました

66432792_2824368454258079_1391700546435416064_n.jpg

ショパニスト関西さまは、ショパンをこよなく愛するピアノ愛好家の方たちのサークルです^^
ちなみに入会資格が、音大卒×、ピアノ指導者×
とかあります。


さて、コンサートとってもたくさんの方が出演されてまして、13時開演から夜遅くまでのリレーコンサート。

私は最初から、2部の途中くらいまで(16時ころかな)で退出させていただきましたが、皆様の熱演すばらしかったです。

ショパンやリスト、ブラームスやスクリャービン ...etc.

色々聴かせていただきましたが、ショパンの曲って、なんでこうも人の心を揺り動かすのでしょうか。


音楽って素晴らしい。


いずみホールは大好きなホールですが、ピアノコンサートというのは聴きに来たことがなかったので、とても嬉しい体験でした。

すごく響きの良いホールで、821席。

初めは左側(下手側)で聴いていたのですが、途中から、右側(上手側)に移動。

聴こえ方ってやっぱり違うものですね。

ピアノの音色の違いや輪郭、天井から降り注ぐように聴こえる感覚など、総合してやっぱり音は少し右手よりで聴く方が良いなぁという印象を受けました。

勉強のためとか、諸所目的のために少し左よりで聴くことが多いですが、右側って音楽に集中できるし、音もいいし、、、、

良いものですね!


表情が見えるので、もし、写真を撮ってあげるなら、こちら側に座るのが良かったりしますよね♪

席といえば、いずみホールにはないけれど、
オルガン側の席も割と好きです。

音はよくないかなと思いますけど、ピアニストさんの手元が上から、しかも近くで見られるので、面白い。


ピアノコンサートは席によって聴こえ方がかなり違ってくるので、色々なお席で楽しむのは良いことですよね。

ではでは~



.

断捨離と欲望の間に・・・・ドレスの収納に激安保管サービス?

CATEGORY日常系
おはようございます。

今月は、欲望のままに・・・お買い物をしすぎている私です。


あれから、ドレス福袋のB品じゃない普通の方を再購入して、なんと同じドレスの色違いが届いた・・・苦笑。
私が注文したときはセールで¥888でしたよ♡



届いたのはこちら↓ きれいなお色でした。丈長め。

サイズがSにしたので、XSカツカツではなく、いい感じかも。丈が長くて、切らないといけないかな。





ドレスは2着買っても¥3000ほどでしたので、すごい得しました。


しかし、私の欲望は止まらず・・・今月はワンピやジャケットや・・・(ほぼ秋冬ものばかり)買いまくり、散財してしまいました・・・(-_-;)



さすがにこれはイケナイと思いここ数日増えすぎたものを整理。


服やら、ブランドものなど、ブランディアで買い取ってもらい(本当にファーストブランド以外はびっくりするようなお値段が付きますネ。
10円とか(笑)でも、返送してもらえるので安心して査定に出せます。
そのかわり、これもう無理やろ~みたいな傷みのあるヴィトンとかプラダとか・・・でもちゃんとお値段付きます。勉強になった)

本はひたすらメルカリで売りさばき・・・。
少しは整理できましたが、文庫本ってあんまり売れ行きがよくないですね。



若干すっきりしましたけど、まだまだです。



そんな時、発見したのが、


サマリーポケット


1箱250円/月 ~預かってくれるんですね!


色々とサイトを読んでましたら、オプションサービスにハンガー保管ってあるんですよ。

1着60円。


ボックスは預けたものの中から必要なものを取り出すことのできるスタンダードや、箱単位の管理のエコタイプなどいろいろありますけど、取り出すときには800円~980円くらいかかる。


使い方によってはすごくいいサービスだなぁと考えてます。


例えば、いったんボックスで送って、ボックス内全てをハンガーにすれば、ボックス保管料はかからなくなる。


3着送って、すべてハンガーにしてしまえば、60円×3着=  月額¥180


ではありませんか!!!!


これで、かさばるドレスを預けちゃおうかしら?と思案中です。


使い方には工夫がいりそうですが、出し入れを頻繁にしないものなら、とても安く保管してもらえる良いサービスですね。


とりあえず、冬物 ⇔ 夏物

の入れ替えにボックスで利用してみようかな。


ブック専用ボックスもあるんですけど、よく考えたらいったん取り出したら、同じボックスに戻せないんですよね?
結局全部取り寄せて、もっかいボックスで送り返した方がよくない?みたいなジレンマに陥りそうなので、考えものだ。



↓前回購入したのはB品福袋。さらにお得でした。


連弾合わせ アンダンテとアレグロ・ブリランテ

CATEGORY日常系
こんにちは。

長らくブログお休みしてしまいました。


レギュラーワークの会社は長いお盆休みもあったのですが、その間も何となく飛び飛びに他のお仕事が入ってましたので、あっという間。


さて、そんなお休み中に、9月に出るサークルの発表会のために連弾の合わせをしました。



いつもスタジオを借りたりしてますが、今回はお相手の方のご自宅に伺いましたよ♪


曲は、メンデルスゾーンの アンダンテとアレグロ・ブリランテ Op.92

以前この連弾曲の楽譜について書きましたが・・・こちら


ヘンレ版にしかアンダンテ部分が載ってないんですよね。

というか、、
Op.92の初版版がこのヘンレ版にしか載ってなくて、
題名も違います。

初版の題はアンダンテとアレグロ・アッサイ・ヴィヴァーチェ Op.92

で、最終版の題名が、アレグロ・ブリランテ なのです。


それで、私たちは、初版のアンダンテ部分に、最終版のアレグロ・ブリランテをくっつけて演奏するので、

アンダンテとアレグロ・ブリランテと表記しました(^^♪

初版版そのまま演奏するなら

アンダンテとアレグロ・アッサイ・ヴィヴァーチェ Op.92
こう書くべきですよね?!


assai vivaceがなくなってくれたことにホッ・・・。

このアンダンテ部分の4ページが欲しいがために、(>_<)いたい出費をしましたよ。





でも、アマゾンで買うよりだいぶ安く手に入ったので良かったです。



前々回のレッスンで少し連弾も先生に見て頂いたのですが、がつがつ弾かず優雅にと^^;


結構なテンポの八分の六拍子。

テンポを大きく捉えて、せかせかしないように!

あと、難しい箇所の練習法などいろいろとアドバイスをいただきました。


いざ、合わせてみるも、やっぱかなりの難易度だなと実感。

まず、テンポについてけない箇所大発生だし。

手のぶつかりも結構多いので、ゆっくりお互いの動きを確認し合ったり。

私セコンドですけど、アンダンテ部分のペダリングも難しい。

人のペダル踏むのってすごく難しくないですか?

指とペダルってセットじゃないですか・・・・。

色々と確認し合って、そのあとちょっと遊び弾きしたりなんかであっという間に2時間経過でした。




あまりハイペースな演奏は辞めようと思いますが、それでも難しい所は難しく若干テンポ落とし気味でも弾けないよ・・・。

大丈夫か?ワタシ。


最近メンデの練習で指の訓練も兼ねてます。

気が向いたら少しハノンも。


ハノンは結構好きだ♡

延々と千切りするのが好き♡みたいな気分と同じ(笑)

あと1か月、何とか弾けるようになりますように。

福袋でロングドレスGetです♡

こんにちは。

あっという間に8月になってしまいました。


暑すぎる・・・・。


先日、パーティードレス通販ナイトワンでパーティードレス福袋を購入しました♪


¥518ですよ!

びっくり価格。

こちらのレビューが良くて、以前から気になってたのもの、サイズが中々入荷しなくて。
再入荷通知設定しておいたら、XSが入荷してたので、購入してみましtた。






ミディアム、ロング、パンツドレス、ボレロ、コスチューム、ルームウェア

どれかを選べます。

もちろん狙いはロングドレス^^

注文して翌々日に届きました。


何が出るのか・・・

ドキドキしましたが、欲しかったセレネドレスのオーロラが届きました♡

うれしすぎる~~~っ






B品ということですが、とってもきれいなドレスで、どこがB品なのか不明。。

518円に送料が780円かかりますけど、すごいお得でした。

ただ、XSがきつかった・・・。着れないことはないけど、余裕がなさすぎ。

形はすごくきれいでした。

次はSサイズを狙います^^


運試しにチャレンジいかがでしょう?(笑)


福袋B品

カフェ・モンタージュさんにてL.v.ベートーヴェン- ピアノ三重奏曲 第1番・第4番

CATEGORYコンサート
67361837_2332138673567506_6570447514950959104_n.jpg

こんにちは。

昨日は、カフェ・モンタージュさんのコンサートに行って参りました。

今月2回目の訪問♪お気に入りスポットです。

東京や大阪には、こういうカフェやサロンでのコンサートが結構ある模様ですが、京都ではこちらは貴重な存在です♪


’19年7月24日(水)&25日(木)
「L.v.ベートーヴェン」- ピアノ三重奏曲
松本和将 piano
上里はな子 violin
向井航 cello
〔vol.1〕7/24(水) 第1&4番


2夜連続でベートヴェンのピアノ三重奏曲のプログラムですが、本日はお伺いできません。

昨日は 第1番と第4番。
で今日は第2番と第3番です。

昨日の会話の流れで、ベートーヴェンのピアノ三重奏曲 全曲演奏会シリーズになること決定?!の模様です。

なので今後も楽しみです。

来年は生誕250年。

というわけで、松本先生はもう今年から既にベト祭り始まっております(笑)

この第1番が作品1-1なのですね!
知らなかったです。


何かそれだけで興奮してくる感じですが。


若いベートヴェンの作品ってワクワク感がすごくありますね。

とにかく 楽しい!

ソナタとか少ししか勉強できていませんけど、一つとして同じようなのがなくって、各楽章全部に気合いが入っていて(これが凄い!)
常に斬新で新しいものへの貪欲な挑戦を感じますよね。

こんな作曲家って他にいるでしょうか???


このOp.1-1 も第4番Op.11

もアイデアに溢れていて、古くて新しい!

とても新鮮で面白くて、エキセントリックでした。


20時から約1時間のプログラムで1日の終わりにこういうコンサートを聴いて帰れるってすごい幸せだなぁ・・・。


そして、トリオやりたい~~~!

勉強してみようかな♪

2019年滋賀大学公開講座

CATEGORYセミナー他
こんにちは^^

今年も行ってまいりました。
滋賀大学教育学部の公開講座♪

sigadai.jpg



今年はソルフェージュの日程が合わずで、ピアノの個人レッスンのみ受講しました。

もう今年で4回目です。

年に一度先生のお会いできるのを楽しみにしているのですが、

「もうお目にかかるのは何度目でしょう??」

と聞かれ

「4回目です」

と申しましたら、

「もっとずっと来られているような気がしますね。」


と。

もっとたくさんレッスンを受けられたら尚嬉しいのですけど(ノ´▽`*)b☆


1年目は、フォーレのノクターンNo.4
2年目は、フォーレのノクターンNo.2
3年目は、ラヴェルの蛾

そして今年は、またフォーレのノクターンNo.6

をレッスンしていただきました。


色々とアドバイスをいただきまして、とっても勉強になりました。
コンサートの前だったらもっと良かったのですが^^

印象に残ったところ等レッスン備忘録です^^

冒頭。
豊かでよく響く音がほしい。

そういう時に、ペダルを先に踏んどいてから打鍵するという方法が使えますと。
ペダルって踏むタイミングで音の響きが変化する。

打鍵直後、同時、そして先に踏んでおく。

こういう曲は先に踏んでおくペダルが使えますよと^^


そしてやっぱり難しいこの冒頭。
ゆったりした3拍子、八部音符で停滞しないように。
この停滞感なくゆらゆらとした感じに弾くのが本当に難しい・・・。
左手の流れの意識もうまく使って。
赤丸のバス音は長いので、よく響かせないと途切れる。

201907221.png


ここの赤丸は右手でとることもできます。
なるほど。それは良い方法だ。

テンポ変わる所ですが、必ずしもこの表記テンポでなくてもよいという解釈が多い。
私はもう少し速く弾いていましたが、あまり速くなり過ぎない方がよいですねと。

201907222.png

ちょっと悩ましいところだったのですが、左手のンチャンチャと右手の内声、厳密に弾き分けて声部それぞれに違いを出すのか、それとも、右の内声もンチャンチャンの左と同じような感じにするのか?

↓繰り返しに入ってくると右手の内声も八部休符になってるんです。
フォーレ先生ヤヤコシイ人ですね・・・トホホ。

どうするのかによって、ペダリングも色々な可能性が出てくる所。


201907223.png

それと、2回目に出てくるところは、メロディーがオクターブになっているので、1回目のpの方がより小さめかと。

〇のところ、右手でとると良い。

このcresc. 左手も手伝って。

201907224.png

場面変わりまして、

ここは、二分の四拍子ですが、四拍子でとるより、大きな二拍子でとらえた方が、流れが出ます。

201907225.png


クライマックスに入り、112小節目。
左手が単音になっても音が痩せないように。
右手もしっかりffで。
2019072206.png


最後の和音、ちょっと何でや???って思ってたとこなんですけど、

その前までアルペジオ波線マークあるのに、最後の和音はマークついてないし。

でも、手ぇとどかへんので、私は最後の和音もアルペジオで弾いてました。

ただ、1個まえのバス音をペダルで残して、最後はバス音意外なら一気に鳴らせるので、そういう弾き方もありますよと教えていただきました。

目からウロコどす(*゚Q゚*)
今度演奏する時にはそうしてみよう。

201907227.png



色々とテンポのこととかも改めて先生と見ていますと、表記が意外とアバウト。

う~ん。当たり前のことは書かないみたいなやつでしょうか。

他にも、ペダリングの様々な可能性のヒントをいただいたりで、何を選択するか、又考えてみたいと思います。

少し時間オーバーして見ていただきましたが、ほんと難しい曲ですねと。

お時間全然足りません(笑)


来年のレッスンも今から楽しみです。




ではでは。



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村








<伝説>小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ:リスト

こんにちは。

忘れないうちにサクっとレッスン備忘録です。


今回のレッスンはリスト作曲 伝説1 小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコです。
伝説は2.波を渡るパオラの聖フランチェスコ
の2曲から成り立っています。
第2曲の方が演奏される機会は多いかなぁ?

ちょっと苦手なトレモロなど、演奏のコツを得たいという主に技術的な事からこの曲を選びました。

Preaching-to-the-Birds.jpg

ちなみに、パオラのフランチェスコさんはアッシジのフランチェスコさんの没後約200年後に生まれた人とのことで別人ですね。



ハイ。ではまず冒頭から、粒がそろいません!


2019-07-17


腕の回転を使って、右手から左手へ滑らかに受け渡す練習。
回数関係なく、徐々にクレッシェンドしてデクレシェンドする練習を奨められました。

重さをかけて大きくするとか、力を入れていって大きくするのではなく、腕の回転を少し大きくするような感じでクレシェンドするといい。
私はデクレシェンドは綺麗にできましたが、大きくしようとすると、力みやすくなる傾向。力むと崩れるよ。



じっとして指で弾こうとすると粒がそろいません。

そこから自然いトリルが入っていきますが、鍵盤上まで上がりきらないところで静かにトリル。こういう時アプライトじゃ正直厳しいですよね。どうやって練習してるのかな?

鳥の声が聴こえるように、かなり右手は押さえていく。ppp・・・・

3小節目の鳥さん、際立つように一瞬腕を入れる。

左のチロンッ

っても何気に難しいですよね・・・(-_-;)


最後の半音階的に進むところは、ただの音の羅列にならないように。


ちょっと場面変わりまして

ここの左手の〇のとこは、一つの動きで。 1個1個にならないように。
右手のチロっ が可愛いな~♡ トリルはかなり静かに弾かないとメロディーが際立ちません。

2019-07-17 1106



ここまでは、ひたすらトリルを静かに弾いておりましたが、少し右手のメロディーの盛り上げは左手のトリルで手伝っても良いでしょうと。
なるほど・・・・。

2019-07-17 3



ここは2音のスラーがかかってるやつ・・・
ちゃんと入れて抜く、基本の弾き方。
意外とトリルしながらだから出来てなかったです。

でもちゃんとするんですね・・・トホホ。


2019-07-17 4

ここ好きな所ですが、合唱のような柔らかい音で。
人の声のように温かく、角がない音。
先生の音色は、それはそれは天国のような響きでしたわ~うっとりなのです( ᵅั ᴈ ᵅั;)~♬

2019-07-17 5


あ、、、トリルの練習方法ですが、数を少なくして(半分とか)練習するとよいと教わりました。倍々にしていけば良いので。


この曲は全体に通して静かですよね。
この後少しだけ盛り上がりますが・・・。

心洗われるような曲で大好きです。


主に技術的な弾き方を教わりたかったので、今回色々とコツを教えていただいたので、

次回はこちらをちょこっと見ていただいて、できたらメンデルスゾーンの連弾がやばいのでレッスンをしていただこうかな。と思ってます。





そしてその次からはショパンのノクターンOP.62-1を見ていただく予定です。

ええ曲や~~~~。

ではでは。



リスト: 伝説/原典版/ムジカ・ブダペスト社/ピアノ・ソロ