FC2ブログ

ピアノレッスン備忘録 赤いカーネーション

ちょっと久しぶりになりました。

先々週はピアノのレッスンで大学に行きました。

コンクール予選がついに来週まで迫ってきましたが、、、全然練習できてません。


というか昨日はのんびり女子旅なんぞに行っておりました・・・(’ω’*)アハ♪


レッスンはコンクールの曲をとりあえずみていただきました。


細々した音を出し過ぎていて、なんだかガチャガチャしています。

メロディーの音でニュアンスをつけるように。細かい音全部でクレッシェンド・デクレッシェンドしようとするからごちゃごちゃする・・・。


カーネーション



それと、全体の構成がもっとよくわかるように、大きくとらえた流れをよく頭で整理して。

前半どこが一番中心にもっていくのか、そこから逆算して。


出したい音はもっと浮き立たせないといけないなと思い、家に帰って復習。

背景の音がうるさすぎるんだなぁ。

それと、クレッシェンドですが、この曲の場合は、緊張が高まっていくんじゃなくて、広く豊かになっていくようなイメージなので、身体は弛緩していく方向なんだなぁと分かりました・・・。やっと・・・・。

なんか、クレッシェンドしていくにつれて緊張が高まって、身体も固くなってました。



中間部は小指にメロディーが来るので、小指全体に重みがかかっているような弾き方で、レガートに。

前半と随分違ったタッチで弾くんだなと思いました。

フレーズが4小節単位なのに、1小節ずつ細々しがちなので要注意。

カーネション2

最後戻ってきてからですが、このアルペッジョはナードル先生から速く弾いてはいけないと言われたところです。
今回はこの部分だけ、音色をガラリと変えると良いとアドバイスいただきました。
そしてトップの音はかすれないように!
響かせるのにほぼスタッカート気味でもよい。

カーネーション3



そして、ここのfからは、あたたかい音で。

ガツガツしたfにならないように、1小節全体で腕に重みをかけていくイメージで弾くと流れもでてくる。

カーネーション4




今回のレッスンでは、f(フォルテ)の出し方の勉強をたくさんしました。
まだうまくいきませんが・・・。


流れの中で腕の重みを使いながら弾く。

よくよく練習したいです^^


今週は歌とピアノのレッスンがあり、週末は2連ちゃんでサークル弾きあい会と発表会です。

2台ピアノあり、ソロありで練習がきつきつです。


がんばります。

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

ジョルジュ・ナードル先生のレッスン

すこしご無沙汰いたしました。

最近ばたばた忙しい。

先月ピアノの先生から、リスト音楽院の名誉教授ジョルジュ・ナードル先生が来日して先生宅でレッスンしてくださるので受けてみられますか?と言って頂けて、ぜひお願いしますと勢いでお答えしたものの、内心ほんとドキドキしておりました。


先週末にそのレッスンの日がついにやって参りました^^


ドラ・ペヤチェヴィッチの花の一生から2曲と、ラヴェルの鏡から蛾を見ていただきました。

ドラの曲は初めて聴くけど、ロマンスという部類で、ドビュッシーの影響なども感じる、とても素敵な曲ですねと先生にも気に入っていただけたようで良かったです。


レッスンでは、ルバートのことと、ペダリングをたくさん教えていただけました。

今まで試みたことのないことでしたが、少し強調したい音のところで、ペダルを使ってスタッカートで弾くということを取り入れることを教えていただきました。

ルバートは自分の中でしっくりくるにはまだ程遠いというか・・・。

前へ進めるところと落ち着かせるところ。

先生が横で歌いながら一緒に弾いてくださるのを聴きながら、感覚をつかみたい一心で頑張りましたが・・・。





左手の指使いがおかしかったところご指摘があり、直したらだいぶ弾きやすくなりました。


赤いカーネーションのアッポジャトゥーラのところのアーティキュレーション先生の歌い方で変だったことに気づきました!

全体を通して、もう少し出したい音がきちんと聴こえてくるように。


ラヴェルは曲も複雑な分、難しかった!

ペダルをどこまで残すのか?濁らないように踏みかえればいいってもんじゃないんですね(-_-;)


音が沢山あっても1つのハーモニーの所は踏みかえない方が良い。

どこまで混ぜるか自分では判断が難しいですが、先生に言われてやってみると踏みかえない方が良い箇所がたくさんあることに気づかされました。


いつも言われてましたが、右手シンコペーションの音を少し出すと同時に左は拍のところの音少し意識的に出していくと、全体の拍感が出てよい。

出すべき音が埋もれていて全然聴こえない・・・・。
蛾





このスタッカートはペダルをかけて響かせて。


メロディーと内声、内声がうるさくならないように。

蛾2



アクセント位置のずれを感じて。左のアクセントちゃんとつけましょう。ペダルあまり踏みかえない方がよい。

蛾3


ペダルの使い方が下手くそで。
ペダルがかかるより先に手をあげてしまうのが何ともいかんなぁと思いました。

特にスタッカートの所、ペダルと手をあげるタイミングがむずかしくて中々上手く出来ませんでした。


最後の所、指をあまり上げずに。鍵盤のそばから。手の中で弾いていくような感じ?

蛾4





よくよく復習したい。



私のような素人の下手くそピアノをレッスンしていただいて申し訳ないような気がするのですが、本当に沢山教えていただきましてすごく貴重な時間となりました。


また宝物が増えた♡

ちょっとずつ、引出しが増えていく。

少しずつ知識が増え、技術が増えていく。

大人になってからこんなに楽しくピアノが習えて本当に幸せです。


今日は漆原啓子さんのコンサートに行きます♪

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村


ピアノレッスン備忘録♪ 

こんにちは。

先週は、ピアノのレッスンでした。

ちょっと間が空いてました・・・。



今週末はリスト音楽院の大先生のレッスンなのですが、、、、ひたすら不安。



さて、とりあえず今回のレッスンはコンクールを踏まえて、いきなり赤いカーネーションをとりあえず弾いてみました。




先生に今の自分の演奏はどうでしたか?


と聞かれ、

練習量が少ないというか、ピアノをあまり触っていなかったから、左手がもつれて人の手のようでした。
気持ちより手が先に行って焦りました。
後半は自分を取り戻して落ち着きましたが、とにかく出だしが焦ったような演奏でした。



と回答。


先生からも、まさにそれで、特に出だしのテンポ感と音色。
身体も固くなって音色も固いし、テンポも速くなっていく。

先生はいつも私の演奏をレッスンで聴いていて、レッスンの後半では音もよくなっていくし、普段の演奏がどんな感じかも知っていますが、次回のように初めて見ていただく先生のレッスンや、ましてコンクールは私の事を知らない人の前で弾く事になるのだから、一番最初の演奏で、自分の良さを出してこないといけない。


なので、よくイメトレとか、お辞儀してからぱっと弾く練習とか。

弾きはじめる前の、最初の音のイメージとかテンポのイメージとかももっともって弾かないといけませんね。


と言われました。



冒頭は、柔らかく、温かみのある音で。

3~4小節目に向かう所では、テンポは速くなるより、どちらかと言えば、幅広くなる→遅くなることはあっても速くはならない方がよいでしょう。

冒頭



身体をよく緩めて、よくよくイメージしなおしてから 弾きはじめると

「まるで別人の音ですね」


と。

緊張して、まるで別人なほどに固い音で弾いてしまう自分が怖い・・・(苦笑)

本番で、いきなり弾いて、ベストな自分の音を引き出せるか怖いなぁ。



弾き始めの音大事です・・・。

少し鍵盤の斜めから指を入れていくような感じで弾きはじめるとガツっとした音にならないので、腕の動きを出しながら指もするっと入れてみようかな。


↑何を言ってるんだか意味不明な文章デスネ・・・。



今回のレッスンでは、ディミヌエンドにもっと気を配ってみましょう!

という事を勉強しました。

フレーズの終り方や、静かに音が小さくなっていく所というのは聴いている方も意外に注意深く聴くものだとのこと。


弾いてる人自身は、クレッシェンドやフレーズの出だしの方が気をとられやすい。


歌の動画を見たりして、勉強しました。



それにしても、何か一つ気を付けようとすると、とたんに身体に緊張が走ったり。

難しいです。



この日はラヴェルの蛾も見ていただきました。


スクリーンショット


アウフタクトが短いものから長いものまでたくさん登場する曲ですが、アウフタクトの部分のタッチを意識して弾くように。



蛾 



メロディー  ソ ー #ファ  へのシンコペ、#ファへ向かっていきます。
このソはタッチして響きのある音、□で囲った部分は即座に緩めて入り、#ファへ向かってクレシェンド。
でもメロディーが浮き立つように音色を弾き分ける。

ソと#ファの音量バランスも難しいし、細かい音の音色を変えるのも難しい。



残り日数少ないですが、できるとこまで、頑張ろう!




ピアノレッスン備忘録 赤いカーネーション他



先週末は声楽とピアノのレッスンでした。

声楽は最近ヘンデルのメサイアのソプラノのアリアを少しずつ勉強中~。

ピアノはいつものレッスン室が工事中で使えなかったので、別のお部屋・・・

で行ってみると、スタインウェイの部屋でした。

ラッキーヾ(o´∀`o)ノ

しかも結構広いので、それを活かしたレッスンをしたいですね。とおっしゃいました。

ホールで弾いたり広いところで弾く時に、一番後ろの角と角に音を届けるつもりで弾くと良いですよと。

まずは最近ずっと練習中のドラ・ペヤチェヴィッチの花の一生から赤いカーネーション。

すこしテンポを上げてみようと思って練習していたのですが、自分の頭の音楽より指が先に行ってしまって、自分の音が聴けなかった・・・。
もっと空間を感じて。
ピアノから直接音を聴く感じじゃなくて、客席、空間に響いている音を聴くように意識をもって弾いてくださいと言われました。

何度か弾いているうちに、ピアノにも部屋の音にも慣れてきたのですが、録音してみましょう。

ということで、一番後ろの席にレコーダーを置いて録ってみました。

結果的に、録音した演奏が一番良いと言われて、自分の中でも一番客観的に音が聴ける状態で弾けた実感があったので(笑)

本番に強いタイプですねぇ

って。

性格出ますね。

何かここへ向けて音を届けるはっきりした対象を意識する方が、私には合っているのかも。

しかも人じゃない方がいいみたい。

人だと意識しすぎてうまくいかないし、何もないと目の前のピアノと自分の狭い世界だけで弾いてしまう傾向にある。


レッスンの後半に、ラヴェルの蛾も見ていただいたのですが、腕の使い方を、下に沈めたまま脱力する弾き方を中音域から低音域のメロディーラインに使えるように教えていただきました。


水の中に沈めて、浮力で勝手にゆっくり浮き上がってくるみたいな脱力の使い方でした。


いつも、かけた重みを抜く時に上方向に力を抜いて弾いてましたが、下に沈めたままの状態でも脱力ってできるんだなぁ・・・。


どんどん沈めていくみたいなイメージ


その音の響きはすこし重みがあって、蛾の夜っぽい?ちょっと不気味な音とか出したい時にとてもぴったりの腕の使い方だと先生の演奏の音を聴いて、説得力がありました。


毎回毎回、新しいテクニックや曲の捉え方など勉強できて本当に楽しくて幸せです^^


昨日はお仕事の空き時間が結構あったので、本町のスマイルズで初めてピアノを借りてみました。

現場から徒歩5分もかからないくらい近かった!知らんかったです。

今度から空き時間がまたあったら使わせてもらいます。

安いって評判ですが、ほんとに安いですね。

めっちゃ広い室内楽の練習に使えるようなグランドピアノの部屋が400円/30分。

アプライトの部屋も結構広かったのに 250円/30分

で計1時間借りたんですが、広い部屋で練習するのって気持ちいいし、勉強になるしいいですね~。


↓20畳もあるお部屋で気持ち良かったです。




にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村






ピアノレッスン備忘録 赤いカーネーション他

昨日はピアノレッスンの日でした。

ちょっと久しぶりにドラ・ペヤチェヴィッチの花の一生の中から 薔薇と赤いカーネーションの2曲。
ラヴェルの鏡から蛾の前半部分をみていただきました。

偶然なのですが、花の一生と鏡は作曲年が同じでした。


赤いカーネーションはとにかくペダリングが上手くいかなくって、自分でもどうしたものかなぁ・・・・と悩ましいです。

薔薇はぼってり、優雅に弾いたらいい曲かなと思うのですが、それと比べてカーネーションは可憐だし、もう少し無邪気さのある曲。

なのに、どうも冒頭の2小節の弾き方が重い・・・。軽やかさが全然なくって!


ペダルをごく浅く。

楽譜の書き方を見ても左手の伴奏が指ペダルになっているのは、ヒントになりますねっておっしゃいました。


指のタッチで造る。その分ペダルは控えめに。

チョンチョンチョンッと踏み変えるのですが、どうしても深く踏みすぎたり、タッチが疎かになったり。


大切なフレーズの頭が濁っちゃったり。

手と足のバランスが取れない。なんて不器用なのかしら・・・。


タッチの変化を付けること。

以前に中井正子先生の公開講座でおっしゃってたことを思い出しますが、微妙なニュアンスを付けるのは指先、特に第一関節ですよ。
それに手首や腕、体の動きがついていって、様々な音を出すと。


そうだ、、、


最近ラヴェルでずっと言われ続けている音色の変化を付けるのが上手くいっていなくって、毎回レッスンで撃沈しているんだけど、タッチ!

腕の動きや指先を速く動かすことに気をとられて、大切なメロディーの部分のタッチがいい加減になっていました。


また1週間がんばろう。


中間部は、腕の重さのかけ方の違いでフレーズ感を出すことの勉強をしました。
この音はどこへ向かっていくのか?
どこまで持っていきたいのか?

そう考えた時に自然と、腕の重さのかける時間も変わっていく。



重さってかける重みプラス、どのくらいの時間で重さを乗せていくのかという事もあるんですね。

当たり前ですが、ピアノの音は、重さと打鍵の速さで変る。


でも、このじわじわ重さをかける感じっていうのは、単に打鍵の速さの問題じゃなくって、息の長いフレーズを弾いていくときに、自分の身体を止めずに動き続けることによって、気持ちと音楽をつなげていくっていう意味もあるなぁと思いました。


一度鳴ってしまった音は、そのあと自分がどう動こうが、変わらないじゃないですか。


変わるのは、その次に来る音の出方なんだな・・・


つい、忘れがちでやってしまうのが、伸びてる音の次に来る音が飛び出すぎる。

音の減衰をキチンと聴いていない証拠ですね。

あかん、なんか下手くそすぎて落ち込む。

もうすぐ9月。

そろそろ来年の発表会で弾きたい曲とか考え出さないと。

本当はラヴェルがやりたかったけれど、そろそろショパンも弾きたいし・・・・

メルカリ(←また?!(笑)) でハイドンのソナタ全集をお安く譲っていただいて、これまた届くのが楽しみなんですよね。

ハイドンは先生も好きっておっしゃってたし。シリアスじゃない、面白おかしい曲をやりたくなってきました。

レッスンで行き詰まっているせいか?



今日は唯一の生徒さんのレッスンの日です・・・

教えるお仕事というのも将来やってみたい。

今は自分の勉強と普段のお仕事でいっぱいいっぱいやなぁ。

もっと時間を上手く使えないものだろうか。

↓花の一生が入っているアルバム。AmazonのMusic Unlimitedで聴けます♪
4,000万曲以上が聴き放題。クラシック結構充実しているので利用してます♪









安達先生の演奏。
ドラ・ペヤチェヴィッチ 赤いカーネション
プロフィール

さっちん

Author:さっちん
10年ほどブランクを経て40歳からピアノを再スタート。
ピアノ練習記録や関連書籍の書評や趣味その他もろもろの日記です。

カテゴリ
DVD (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
adv.
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR