FC2ブログ

ドラ・ペヤチェヴィッチ 花の一生Op.19 薔薇 赤いカーネショーン

こんにちは。
ピアノの練習の記録です。

最近ドラ・ペヤチェヴィッチ(1885.9.10~1923.3.5)というクロアチアの女流作曲家の花の一生という曲集から「薔薇」と「赤いカーネーション」という曲を練習しています。
夭折の作曲家なのですが、おもにピアノ曲や室内楽の作曲があります。
この時代というとドビュッシーの中期あたりですよね。

結構なマニアックな作曲家の方ですが、
知ったきっかけは今年のピアノ愛好家のためのコンクール ブルーメンシュタインピアノコンクールの全国大会を聴きに行き、そこで演奏されてる方がいて私も弾いてみたいなと♪

とってもロマンティックで素敵な曲です。



20世紀初頭の作品。
数回レッスンをしていただきましたが、第一次世界大戦前、古き良き時代の本当最後の時代あたりの作品で、そういう時代の雰囲気が随所にあり良い作品ですよねってお話してました。
この頃の演奏ってルバート天国だったかも・・・とか色々楽しいお話をしながらのレッスンでした^^


ペダルで響かせるのと指のタッチで音をつくるバランスのとり方が難しくて、練習中です。
ごつごつしたくないので柔らかく優しい音で。
左手のアルペジオも優しい音で。


次々と変化していくハーモニーをよく感じて音を重ねて、細かなニュアンスを出せるようになりたい!


赤いカーネーションはペダリングが難しい・・・。
細かな踏みかえ必須・・・。
細かな音の変化をちゃんととらえて、それが音として変化を付けられるように。

まだまだ長い道のりになりそうです。

楽譜ですが、マニアックなのでこちらでしか取扱いを発見できませんでした。

ドラ・ペヤチェビッチ


カマクラムジカさん

http://www.kamakura-musica.com/shopdetail/000000002150/

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
10年ほどブランクを経て40歳からピアノを再スタート。
ピアノ練習記録や関連書籍の書評や趣味その他もろもろの日記です。

カテゴリ
DVD (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
adv.
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR