FC2ブログ

ピアノ日記と英語多読と書評ブログ♪

ラフマニノフピアノ協奏曲第3番&サン=サーンス交響曲第3番@シンフォニー

CATEGORYコンサート
こんにちは。

先週はシンフォニーホールでラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番とサン=サーンス 交響曲第3番オルガン付を聴きに行きました。

日本センチュリー交響楽団 ソリスト:ピアノ:上原彩子さん オルガン:冨田一樹さん


すっごい楽しみにしていたコンサートです♡




席が4列目と前過ぎてしかも真ん中より少し右寄りだったので、見えにくい!のが残念だったのですが、音が近い!


ピアノの音がダイレクトに届き、とっても細かな音のニュアンスがしっかり伝わってきました。

全体としてはもう少し後ろで聴きたかったが・・・。すぐにチケット売れてしまいまして。


上原彩子さんのピアノは初めてでしたが、本当に素晴らしくて、もう感動の嵐!

感激でした!

オケとのアンサンブルが素晴らしく、掛け合いまさに今音楽が創りあがってる~という感動を共に味わえました。

これぞ生の醍醐味ですよね。

ダイナミックでとても伸びやかな音。そしてとても表情豊かな音。
ラフマニノフのぐ~っと胸にくる旋律に何度も「うぅっ」と心揺さぶられました。

圧巻のクライマックスで締めくくられました^^


サン=サーンスの第3番がまた度迫力で。富田さんのオルガンがゴーっと鳴ってくると、空気が振動して、おぉ、、、神よ・・・・。


となります。

人間不思議なもので、そのように作られた音楽というのは、宗教感があまりよくわかっていない私でも、生物的に?!そういう反応を起こす音というのがあるのだなぁと体感しました。

何とも恍惚とした世界に浸れた素晴らしい時間を過ごさせていただきました。


これだから、コンサートはやめられない♪♪♪

2019-03-25_15-49-35_000.jpeg


2019-03-25_15-49-45_000.jpeg


IMG_6486.jpg
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply