FC2ブログ

ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ / イリーナ・メジューエワを読んで



ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ (講談社現代新書) [ イリーナ・メジューエワ ]




この本は昨年のびわ湖ホールでのコンサートに行った時に購入した本です。

 サインもしていただいた大切な本です♪

 
 

バッハからラヴェルまで作曲家や曲について楽譜を沢山掲載して語ってくださってます。

 濃い濃いメジューエワさんの思いが語られていて、現役のピアニストさんの生の声がこんな風に聞かけて嬉しい。

語り口も親しみのもてる口調で親近感が湧きます。

バッハの項もモーツアルトの項もベートーベンの項も読んでて楽しかった。

 シューマンもショパンも! 

もっと勉強したくなりました。

ムソルグスキーの項は、やっぱりロシア!

メジューエワさんのロシアへの愛がすごく感じられます。

メジューエワさんは沢山の録音をされていて、コンサートも毎年されてますが、どういうイメージ、解釈で弾かれているのか垣間見ることのできるファンとしてはとても興味深い本です。


 楽譜もたくさん掲載され、かなり細かな所の説明がなされているので、楽譜を見ながら聴くということをしたくなります。


 一般の方にもピアニスト視点での聴きどころを教えてくれてより深く音楽を聴くことができるようになりますし、専門的に勉強されている方なら尚のこと素晴らしい示唆を与えてくれる本です。 

ただ、紹介されている名曲が大曲すぎて、わたしにはまだ手に負えない作品揃いなんですけど…。

 メジューエワさんおすすめの演奏も紹介されていて、これがまた嬉しい。 

やはりロシアのピアニストさんが多いですが^ ^

わたしも好きだなぁという演奏が多かったです。


 今年のびわ湖ホールのコンサートはドビュッシーですが、うだうだしてるうちにチケット売り切れてしまいました、、、

 東京公演はまだ間に合うようですが…。

 あー、やっぱり行きたかったなぁ。


ではでは~。





にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ



ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ (講談社現代新書)

ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ (講談社現代新書)

  • 作者:イリーナ・メジューエワ
  • 出版社:講談社
  • 発売日: 2017-09-20



オンワード樫山が運営するお取り寄せグルメ・食品通販サイト「オンワード・マルシェ」の広告を載せてみませんか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
10年ほどブランクを経て40歳からピアノを再スタート。
ピアノ練習記録や関連書籍の書評や趣味その他もろもろの日記です。

カテゴリ
DVD (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
adv.
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR