FC2ブログ

コンクールを終えて

先週はコンクールの全国大会でした。

とってもきれいなホールでキラキラのスタインウェイを弾かせていただけて、どきどきしたけど楽しかったです。



大事な音をはずしちゃったり、中間部に入ったところで気持ちが焦り過ぎて、しっかり打鍵できなかったり、逆に音が思ったより飛び出ちゃったりと、色々ありましたが、兎に角、最後まで弾き通すことができてほっとしました。


弾いてる時は割と集中していて、先へ先へと目を向けて次のフレーズその次・・・と音を紡いでいく。


そんな演奏だったように思います。


いつもは、なんか必死でわ~~~っと通り過ぎて終わりって感じになってしまうことが多い(-_-;)


余裕はなかったのであまり演奏中の事は記憶がないのですが、頂いた講評が前回より良い内容になっていて、結果金賞も受賞することができ、とても充実感のあるコンクールとなりました。


今後の課題としてはやっぱり音色の変化をもっとつけられると良いでしょう!とか、背景になる音と浮き立たせる音をもっと整理できると良いでしょうなどのお言葉をいただいたので研究していきたいです。


大人のアマチュア向けのコンクールは愛好家の方たちとの交流もまた魅力です。


今回も素晴らしい演奏をたくさん聴かせていただけてすごく感動しました。


レセプションも参加したので沢山お話ができたりしてお友達ができ本当に楽しい1日でした♪



コンクール前は実はあまり練習ができておらず、、

というか先々週の2台ピアノとかサークルの発表曲とかレッスンの曲とかで何だかんだ手つかずのままひと月過ぎていった感じで2日前に、これはいかん!

と実家に帰って、気合いを入れて見直しました。

長く弾いてきた曲だったので暗譜はできてるはずなのに、予選では止まってしまったので、そんな事を想像すると怖すぎる・・・
練習の仕方が悪いんだろうなとは感じてましたけど。


そんなわけで今回は

1小節ずつ、どういう風に作られているのか、音程や和声、リズム 楽譜を細かく見ながら頭で一つ一つ整理しては、弾き、又頭で整理して・・・・

1小節、2小節とかなり細かな単位で全て見直していきました。


さらーっと通して練習して終わり。。。なんて練習を永らくしていたせいか、リズムは甘くなっているし、和音だってきれいにバラけず押さえられていない。


見直していくと、なんていい加減だったのだろうかと唖然。


もっと早くにきちんと取り組むべきだったと反省しました。


全体の構造や流れは大切だけれど、小さな単位のフレーズをきちんと練習してみて、それが組み合わさってまた一つの部分となる。そんな部分がまたまとまって大きな流れになっていく。


小部分をきちんと練習することの大切さを改めて実感。


だらだら頭使わずただ繰り返してたって時間の無駄ですよ・・・・


とは何度も言われているのですが、気づけばついついそうなっちゃうんですよね。


怠惰なもんで(笑)


また今日からは、新しい曲に取り組みたいと思います。



にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
10年ほどブランクを経て40歳からピアノを再スタート。
ピアノ練習記録や関連書籍の書評や趣味その他もろもろの日記です。

カテゴリ
DVD (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
adv.
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR