記事一覧

ピアニストの毎日の基礎練習帳/ 岩崎淑 を読んで




ピアノに毎日基礎練習って必要ですか?



「たとえ時間がなくてもこれさえやっておけば指は動く」この言葉が目に留まったとき、あぁ、私もあっちこっちさまよって時間のない中で効率よく少しずつでも前進していけるような自分なりの練習方法を確立したい!と思って読み進めました。


過去には毎日ハノンを弾いてる時期もあればピシュナやコルトーのメソッドをやってみた時もありました。

色々取り組んで自分には何があっているのだろうかと模索しています。

この本のメソッドは30分の基礎練習メニューが紹介されており、これが大変良かったです。

スケールとアルペジョの全調練習なんですが、スケールはアクセント位置をずらしながら弾いていきます。
順進行と反進行になっていてこれがまた良いのです。
アルペジオは全て1の指(左手は5の指)からスタートで、転回系も全てそうなっています。
最初はちょっと難しいと感じるかもしれませんが、このアルペジオ練習をしばらく続けてマスターした時、飛躍的にピアノが弾きやすくなったので、おすすめです。


他に練習のヒントが色々と。
10日でツェルニーやバッハの全曲を回す練習なども紹介されてましたし取り入れたいと思いました。

またどの教本でも大切だと書かれているのが初見の練習。
必須ですね。

私には大変効果のあった練習でした^^


ちなみにこのスケールとアルペジオだけ載っている姉妹版の楽譜も販売されています。でもこちらの本にも譜面は載ってますので姉妹版の方はなくても練習できますよ♪

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
にほんブログ村


楽天ブックスは品揃え200万点以上!

ピアニストの毎日の基礎練習帳 [ 岩崎淑 ]

価格:2,052円
(2018/7/13 10:08時点)
感想(0件)


ピアニストの基礎練習帳 毎日のスケール&アルペジオ [ 岩崎淑 ]

価格:1,944円
(2018/7/13 10:08時点)
感想(0件)





単価の高い広告を自動で選択して配信してくれる!『忍者AdMax』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント